どんなに小さくても、命は命

最近、ソーシャルネットワークが浸透してきた現代。様々な人や会社、社会についての近況がいつでも手軽に確認することができる時代になってきました。

そこで私は、動物保護の会についての近況をいつも確認するようになりました。

世の中には、たくさんの犬や猫、その他動物達が戦っています。その理由のほとんどは、人間の心無い行為によるものだと、その動物保護の会では言っています。

私は実家で、犬を飼っています。今までで3匹の犬を飼いましたが、現在は1匹だけになってしまいました。

1匹目は捨てられていた子。2匹目は繁殖したので1匹どうですかと頂き、3匹目は元飼い主の引越し先が飼えないからという理由で我が家に来ました。

どの子たちも、自分は何も悪くないんです。人間の勝手な都合で、その手を離れる結果になってしまったんです。

我が家では、特に特別な愛情を向ける、そういったことはしていません。とりあえず犬が好きで、自然と大好きになる為に、愛情が注がれるのです。

どんなに小さくても、人間じゃなくても、命は命。一度でも飼うって決めたのなら、最後まで責任を持ってほしいなと思うのです。

人間じゃないから、言葉が伝わらないし言うこと聞かない。いいえ、そうじゃないんです。

言葉は違うかもしれないけど、ちゃんと伝わっているんです。

いたずらをするのは、飼い主さんに見てほしいから。吠えるのは、おしゃべりがしたいから。散歩に連れて行ってほしいから。

それを面倒だと思うのなら、腹立たしいと思うのなら、もう飼わないでほしいと私は思います。

もうこれ以上、不幸になる子達を見たくないんです。

残念ながら、1匹目と3匹目は空へと旅立ってしまいましたが。我が家に来たことで殺処分を免れられて本当によかったなと思うのと同時に、少しでも幸せだったと思ってくれてれば、私達も幸せだなって思うのです。